先日、知り合いの方にこの本を紹介してもらいました。



全く前情報入れてません。

かなえさんも誰か知りません。


今、読み始めたばかりです。


出だし の勢いが凄いガーン


立石に水の如く、ガッコの先生が生徒に語りかけます唇

そのリズム感と描写がナンダカ凄いのですガーン


私、音楽でも映画でも、イントロダクション部分が大事なんですよね・・


これは、、、

とんでもない小説の予感!!




 んでもって、、、

読み終えましたグッ 追記



※ これより小説の内容がわかる内容です。

この本を読む。と決めている方は、ここを読まずにそのまま本をお読みください。




タイトル 告白 』 


ニコニコ 著者 湊かなえ

ビル 出版社 双葉文庫 317ページ

虫めがね ジャンル 小説 サスペンス ミステリー 殺人 学校 教師 生徒 変態 家族 愛 恐怖 死


あらすじ

娘は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。 まんま解説



 いろんな方とこの本の話をしました。


え?知らないの??


皆さんに言われました。 湊さんかなり有名な方らしいですね。

私知りませんでした。

ふだん潜っていますからね、狭い。 まだまだ世界は広い。


この話がデビュー作ですか・・・ 凄いですね、かなえさん・・・。


この方の能力があれば、死 という高級材料を使わなくても充分美味しい料理が作れるんじゃないかな・・・ まなちゃんと直ママが死んじゃって、かわいそう。


 物語全体が灰色に包まれている雰囲気。 その中にちらと光が射すことも・・。


はじめからテンポがいいです、読みやすい。 語り口調が多いからかな。


第一章がとんでもないんですけど、それ以降も語り手を変え変え、素晴らしい物語りですね。 直と直ママのそれぞれの想い、、 修哉の修ママに対する一途な想愛、、 不思議なことに語り手が変わると各登場人物の私の見方も変わっていくんですね。 人 ってそーゆーものなのかしら。 自分が見た自分、人から見た自分、あの人この人が見る私。


一つ前で あ、この話、イッチャッてハジケ飛ぶな・・・ なんてドキドキしましたが、

最終章で、まとまって ふわっと 地面に着地した感で終わりました。


う~ん、、、 イッテ欲しかったような、これで良かったような。



とにかく、凄い小説家に出会いましたよ。

湊さん、けっこう本書いてますね。

他の本も凄そう・・・ ドキドキしちゃいますガーン

スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 小説 ミステリー サスペンス 人間ドラマ 殺人 変態 ヒューマン 学校 家族

line


  この本、いつの間にか家にあったので読んでみました本


     


タイトル 明日、恋する貴方に 』 


ニコニコ 著者 つかこうへい

ビル 出版社 光文社

虫めがね ジャンル 小説 恋愛 結婚 浮気 不倫 別れた恋人


あらすじ

「結婚式に出席します。利夫」 式の前日、招待していない元恋人から、そう書いた速達が届きました……。 やさしくて裕福な夫だが、浩之との結婚生活は退屈だった。恵子は、役者の利夫に惹かれてゆく。どんな結末が待っているか知らずに。 (「恋愛と結婚」) 恋愛とは? 結婚とは? 既婚の貴方、結婚を夢見る貴方に捧げる“つか流”恋愛小説。



※ ハッピーかアンハッピーか エンドがわかるような文を載せます





 いつからあるのか・・・ 本棚に眠る謎の本。

最近は読書スイッチが入りやすいので引っ張り出して読んでみました。


結婚にまつわるいろんな話。


サラっと読みやすい。


ある種の生々しさ。

この本を読むとなんだか結婚できなくなりそう・・。



第二部 恋愛と結婚 。


あぁ・・・ 浩之さん・・・・


うぅ・・ ん・・・


浩之さんには幸せになって欲しかった

theme : 恋愛小説
genre : 小説・文学

line


 ネットでオススメミステリーを検索して、この本を読んでみました本



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

十角館の殺人新装改訂版 (講談社文庫) [ 綾辻行人 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)


タイトル 『 十角館の殺人 』 


ニコニコ 著者 綾辻行人

ビル 出版社 講談社文庫

虫めがね ジャンル ミステリー サスペンス 孤島 殺人


あらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。



 綾辻さんの本は以前に アナザー を読んだことがあります音符


この話は孤島に数人で訪れそこで殺人が起こる、私的に云ういわゆる箱物です。



 ※ 少し展開がわかる文章があります



はじめ登場人物がカタカナの外人呼び名だったので、なんだか読みにくくあまりページが進みませんでした。


いざ殺人が始まるとあっという間に読み終えてしまいましたよチュー

そんなにドカーンとくるわけではないですがオモシロかったデスOK


登場人物がミステリー研究会に所属していたので、仲間が死んだ際にもっと細かい対処や色々な推理があっても良かったんじゃないか?って感じました。 死んだ後ほったらかしなんですよねえー


最後丁寧に犯人の経緯が解説されていて解りやすかったです音符


この作品は綾辻さんのデビュー作品なんですね、凄いな~キラキラ

シリーズものらしいので他の話も読んでみよう、次は水車館の殺人で~す流れ星

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line

先日完読したこの本

 

 

の感想を少しルンルン

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本日は、お日柄もよく (徳間文庫) [ 原田マハ ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/6/1時点)

 

タイトル 『 本日はお日柄もよく 』 

 

ニコニコ 著者 原田 マハ

ビル 出版社 徳間文庫

虫めがね ジャンル 仕事 スピーチ 結婚 政治 ヒューマン ドラマ

 

あらすじ

お気楽なOL、二ノ宮こと葉は、密かに片思いしていた幼なじみ・今川厚志の結婚披露宴で、すばらしいスピーチに出会い、思わず感動、涙する。伝説のスピーチライター・久遠久美の祝辞だった。衝撃を受けたこと葉は、久美に弟子入り、「言葉」の修行を始める。成長したこと葉は、父の遺志を継いで初めて衆議院選に立つ、厚志の選挙を手伝うことになるが……!? 人と人とを結び合う言葉の限りない可能性をハートフルに描いた青春小説。

 

 

 

 ※ 少し展開がわかる文章があります

 

 

 よく本を薦めてもらう御方に紹介されて読みましたニコニコ

 

私は、起承転結でいうと 起 の部分が好きですね~イエローハート

ドジを踏む主人公こと葉でまず掴まれちゃいます。 かんばしくない独身OL目線の小気味良い表現が好きだな~ルンルン

久遠久美というキャラクターの登場もオモシロいチョキ

 

だんだん政治絡みのシリアス調になっていきますが、ずっとドジ踏む こと葉 が見たいチュー

 

小説としても楽しめますが、スピーチの心構えを勉強できる本でもありますグッ 実際読んでみて なるほど! と思うことがあったので、早速人と接する際に心掛けてみましたよおねがい

話上手は聴き上手。 なるほどな~キラキラ

 

良い本に出会いましたルンルン

原田マハさん、ありがとうございま~す流れ星

tag : 小説 結婚 仕事 スピーチ 人間ドラマ

line


     


タイトル 『 理由 』 


ニコニコ 著者 宮部みゆき 公式ホームページ

ビル 出版社 新潮社

虫めがね ジャンル サスペンス ミステリー 殺人 人間ドラマ


あらすじ

東京荒川区の超高層マンションで凄惨な殺人事件が起きた。室内には中年男女と老女の惨殺体。そして、ベランダから転落した若い男。ところが、四人の死者は、そこに住んでいるはずの家族ではなかった…。



 模倣犯 に衝撃を受け、その後宮部さんの小説を読んでいます。


 ※ ここから展開がわかる文章があります




その者たちは何故そこで死んでいるのか。 物語が進むにつれ解明されていきます。


占有屋 に関しての説明が、 非常に長いガーン と私は感じました。


宝井綾子などの人物描写はさすがですねルンルン


ベランダから転落した男。 この男をもっと掘り下げてくれるのかと期待して読んでいたら・・・


終わってしまった・・・。



火車が面白かった方は読んでみるといいかもしれません。


 いろんな本、売ってます



 クリックでツチノコに投票お願いします
   




theme : ミステリ
genre : 小説・文学

line
line

line
ツチノコホームブログはこちら ↓
ぶろぐ用 
line
 最新記事
line
 カテゴリ
line
 検索フォーム
line
ブログランキング♪
line
月別アーカイブ
line
sub_line
漫画・小説 ネット通販
line
漫画・小説 パソコン&スマホで読む
電子書籍ストア BookLive!
line
中古本・ゲーム買い取り
ブックオフオンライン
line
リンク
line
sub_line