ヒストリエ ①~⑧       
 
    
 

    岩明均
   詳細

    岩明先生独特の世界


 
   古代オリエント世界、マケドニア王国のアレクサンドロス大王
      に仕えた書記官エウメネスの波乱の生涯が描かれる

    

 ツチノコ、岩明先生の作品大好きです まあ~シリアスでどこか暗く、現代に望まれるハッピーうれピー楽ピー方面と真逆を行く作風なんですよね

んまぁ~この作品もさらに時代と逆行してますな
実際、描かれる時代も紀元前4世紀。 主人公はアレクサンドロス大王に仕えた書記官、冷静でミステリアスな人物。 誰が読むんだこの設定・・・ですよ

そうなればなるほど、ツチノコは「いいぞいいぞ」と読みたくなってしまうのです
ストーリーの展開、内容もそこら辺の漫画にゃないですよ

早く⑨巻読みたいっ

スポンサーサイト

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

tag : 漫画 史劇 ヒストリエ 岩明均 戦争 古代 アフタヌーン 講談社

line
 『 自殺島 ①~④ 』 
     
 
    

    森恒二
   詳細

   ◎ 話、絵が丁寧に描かれていて読みやすい


 
  〇 山や野原、自然の背景がキレイ
    


 タイトル聞いた時、すごく過激でアンチモラル、センセーショナルな臭いがプンプンしました
正面きってこんなタイトル付ける作者の漫画・・・読みたくないな~ でした

まあ、友人が貸してくれるというので読んでみることに。
読んですぐに作者は考え、メッセージがあってこのタイトル、設定にしたんだな・・・と感じました。

 自殺未遂者が大人数でに運ばれ閉じ込められた所から始まる話。死にたかった者たちが自然に囲まれた孤で選ぶのは生か死か

具体的な内容どうこうより、" 作者の誠実さ " が漫画全体から伝わってきます。
話、絵が丁寧に描かれていて読みやすいんです
話の中で起きていることは激しく心揺さぶられる事なんですが、読んでいてしっくりくるというか・・心休まるんですよね ( 私だけかな?) けっこう山や森のシーンが多いからか

 読んでみたら、実はけっこう癒し系。 只今四巻まで、続きが楽しみな漫画です

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 漫画 自殺島 サバイバル ヤングアニマル 白泉社 森恒二 自然

line
line

line
ツチノコホームブログはこちら ↓
ぶろぐ用 
line
 最新記事
line
 カテゴリ
line
 検索フォーム
line
ブログランキング♪
line
月別アーカイブ
line
sub_line
漫画・小説 ネット通販
line
漫画・小説 パソコン&スマホで読む
電子書籍ストア BookLive!
line
中古本・ゲーム買い取り
ブックオフオンライン
line
リンク
line
アクセスカウンター
line
sub_line