小説 新潮文庫 宮部みゆき著 『 火車 』 派手さはないけどじわじわ読ませる話。


    


タイトル 『 火車 』 


ニコニコ 著者 宮部みゆき 公式ホームページ

ビル 出版社 新潮社

虫めがね ジャンル サスペンス ミステリー 失踪 人間ドラマ



 一番初めに読んだ宮部さんの作品です。 読んだのはかなり前。


冒頭、一月の雪の降る夜、寒々しいシーンから始まります。

このシーンがこの本の内容をすごく表していると思います。


失踪した婚約者は一体何者なのか? 休職中の刑事が探追し謎を解いていく・・・

消費者金融などの社会問題を織り交ぜながら、じわりじわりと宮部さんが魅せます。


カードローン破産などの説明が長い感がありました。

派手さはないけどじわじわ読ませる話が好きな方はどうぞ音符


ラストは ぞわっ としましたよガーン

関連記事
スポンサーサイト
line
line

line
ツチノコホームブログはこちら ↓
ぶろぐ用 
line
 最新記事
line
 カテゴリ
line
 検索フォーム
line
ブログランキング♪
line
月別アーカイブ
line
sub_line
漫画・小説 ネット通販
line
漫画・小説 パソコン&スマホで読む
電子書籍ストア BookLive!
line
中古本・ゲーム買い取り
ブックオフオンライン
line
リンク
line
アクセスカウンター
line
sub_line