スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

文春文庫 『 容疑者Xの献身 』

     容疑者Xの献身 

 
        
     東野 圭吾
    実に面白い。
   
詳細・内容

    キャラクターの作り込みがスンばらC
     トリックにやられた
    ラストがユルくない


 ツチノコの初、東野さん作品。
以前からブログやテレビで " 東野圭吾 "という名前がチラホラでてきて気になってました。

読み始める・・・・

犯人は誰だ?ではない 。
先に殺人犯を教えて、そこからさてどうなるか・・という導入。

トリックをしかける天才とトリックを見破る天才。
その二人の駆け引きからくる緊張感 !

数名の登場人物を交えながら、じょじょにだんだんと紐は解かれていく
逃げ切るのか捕まるのかその結末はいかにっ

いや~、はっきし言って

おもしろかったです

全編通してスリリング。 あきない。

(あぁ・・これがわかっちゃったら、もう・・ )
(ふ~のりきった・・あっでもここはどうなの!?)  の繰り返し

そして最後は・・

                               
やられました

いやはや、すごい作品です。

特にキャラの作り上げ、天才数学者・石神の描写はゴイスー!!
天才を天才と魅せるには、著者が天才であるか天才的描写力がないといけない。


石神の授業の描写、数学への想い、主人公湯川とのやりとり・・・

実に興味深い

関連記事
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 小説 ミステリー 湯川 東野圭吾 純愛

line
line

line
ツチノコホームブログはこちら ↓
ぶろぐ用 
line
 最新記事
line
 カテゴリ
line
 検索フォーム
line
ブログランキング♪
line
月別アーカイブ
line
sub_line
漫画・小説 ネット通販
line
漫画・小説 パソコン&スマホで読む
電子書籍ストア BookLive!
line
中古本・ゲーム買い取り
ブックオフオンライン
line
ゲーム 販売 サイト
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。